税理士政治連盟について

 

 

【税政連の目的】

税理士政治連盟(税政連)は、税理士の果たすべき社会的役割を踏まえ、納税者のための民主的税理士制度及び租税制度並びに税務行政を確立するため必要な政治活動を行うことを目的としています。

【税政連はなぜ必要か】

税理士会は、与えられている建議権に基づいて税制改正要望等を行っております。これを実現させるためには政党や議員にその内容を説明する必要がありますが、税理士会は政治活動が制限されています。そこで、税理士会とは別に税政連を設けて、税理士会の要望を議員等に説明し、その実現に努めているところです。

【税理士後援会は必要か】

現在、当連盟区域内に「小池ゆりこ税理士後援会」「江端貴子税理士後援会」「小林興起税理士後援会」の3後援会が結成されています。税政連は、後援会を組織し、税理士会の要望実現のための働きかけを効果的に行います。

【どんな活動をしているのか】

税政連は、税理士業界の問題に限らず税務の専門家として中小企業・一般納税者の立場を踏まえた国民的な視点から主張しています。具体的な活動テーマは、税制改正、納税者の権利利益の保護、税理士に期待される公益的業務への参画、国民のための税理士制度の確立など多方面にわたっております。

【どの政党を支持しているのか】

税政連は、特定の思想、信条を支持するための団体ではありません。税理士と納税者の権利利益を守るために設立されており、思想信条の自由は保障されるべきものですので特定の政党特定の議員を支持することはありません。

【税政連会員に対して】

豊島税政連は、ホームページを開設して常時活動情報などを発信し、機関紙を発行して活動状況を報告します。また、当連盟会員を対象として、研修会(国会議員との意見交換など)を実施し、税理士業務に役立つポケットブックを配付いたします。

【組織率強化に向けて】

税理士会の要望実現のためには組織率の強化が必要です。税政連の趣旨をご理解いただき、当連盟にご加入いただきますようお願い申し上げます。年会費は8,400円です。